耕知塾Gritは専任講師のみの塾です。学生アルバイト講師はいません!中学受験・高校受験はおまかせください!

TEL03-3802-3606
受付:14:00~21:30 日祝休

講師紹介 一に生徒、二に教師、三以下はなし

学習塾の、あるいはもっと広く考えて、学校など 教育機関の良し悪しを決める決定的要素は何で しょうか?それは言うまでもなく、教師の質の高さであり、また、生徒のヤル気のあるなしでしょう。 だいたい、学校などで、校舎や設備を立派にしたから急にその学校のレベルが上がったなどという話は聞いたことがありません。といって、校舎や設備はどうでもいいというのではありませんが、それらはあくまで、その塾なり学校のレベルを決める上で、副次的なものだということです。ですから、これをスローガン風に言えば「一に生徒、二に教師、三四五六はなくて七番目か八番目に諸設備・・・」とい うことになりましょうか。

 
生野先生
私は日暮里教室の教室長を7年。南千住教室の教室長を5年、並行して耕知塾全体の責任者を3年務めてまいりました。その間、熱意だけで何とかなると思っている学生講師、年齢だけは重ねている自称ベテラン講師。そういう講師たちをたくさん見てきました。彼らに欠けているのは修羅場の経験からの学習能力だと思います。何度説明しても生徒にわかってもらえない、どうしたらいいのかわからない、でも何とかしなければ・・・。その切実な状況に愚直に、誠実に対応してきたかどうか。その積み重ねこそが経験の蓄積となって優れた講師を育てるのだと思います。 授業前の段取り、予習はもちろん大切なのですが、授業はライブです。生徒とのやり取りのなかで臨機応変に適切な対応ができるかどうかが問われます。
今回Gritに集う講師たちは、十分すぎるほど修羅場を潜り抜けてきております。専任体制といっても凡百の講師の集まりでは意味がありません。講師陣が、お互いの力量を認め合い、取り入れ、切磋琢磨する雰囲気が絶対に必要です。そういう面で、Gritは少し理想の塾に近づいてきたのではないかと感じています。


福井先生
塾の講師となり、30年という時が流れ、今日もまた、授業に向かうのですが、最近思う事は、昔(昭和の頃の生徒)の生徒と、今の生徒との違いです。勉強の中身に関しては、それほど大きな変化はないものの、その取り組みの姿勢に関しては、大分変りました。 ゆとり教育が導入された頃、このままいくと、どうなるのかと不安に感じましたが、案の定、そのゆり戻しがなされている現状、子供達は、自分で考える事を苦手とし、すぐに諦めてしまう子が多くなっています。皮肉な事に、最近の試験で問われている能力は、読解力・表現力・その場での解決力です。つまり、現代の子供達が苦手とする力なのです。
街で卒業生に会う機会に、高校での勉強の状況を聞くと、必ずしも全員が高校の勉強でうまくいっているわけではありません。在塾時代に、高校生になっても通用するような指導をしてきたつもりでした。自分自身で勉強と向かい合い、解決していくべき術を身につけるお手伝いをしたはずでしたが・・・。 その場しのぎの勉強や、手取り足取りの指導は、一瞬それで良さそうに見えますが、長い目で見れば、通用はしません。本物の力を身に付けて、時代を生き抜ける人になって欲しい。今日もまた、そんな気持ちで、教室に向かいます。私もまだまだ修行中です。


前田先生
因数分解が楽しいという生徒がいるとすごく嬉しくなります。中学数学の代数分野では最高に面白い単元です。早速、選りすぐりの問題を何十題も持っていくのですが、たいていは「先生、いい加減にしてください」と叱られてしまいます。「楽しい」という言葉を誤解してしまったようです。 図形や関数の分野では、「動点P」の問題が大好きです。たいていの生徒は嫌いなので、工夫して「動点Q」と名前を変えてみるのですが、「そういう話ではないのだ」と呆れられてしまったりします。でも「この問題は本当に面白いよ」と、三平方と等積変形の融合問題を持って熱く主張しても、クールに「そんなことない」と言い返されたりもします。
実は勉強というのは「趣味」にしてしまえば楽しくてしょうがないものです。しかしマイナーな趣味で、愛好者はさほど多くはありません。「楽しくなんかないよ!」の声は聞こえないふりで、いつか出会える「仲間」を探して今日も授業を続けるのでした。


太田先生
どの塾を選ぶか――ご父兄にとっては我が子の成績にかかわる大切な選択なわけですが、6年前、勤め先として新しい塾を探していた私にとっても文字通り生活を左右するほどの大問題でした。 私が塾を選ぶ際に一番大切にしたこと、それは「生徒を“顧客”ではなく“教え子”として見ているか」でした。そんなの当たり前じゃない? と思われるかもしれませんが「サービス業としての塾」という考え方が支配的になるにつれ、そういった塾はむしろ少数派になってしまったようです。
今まで20年近くこの業界に身を置いていますが、この塾ほど生徒本位な塾はありません。自分たちが責任を持って指導できる適正人数の子どもたちを、熟達した講師たちがじっくり育てている。これです。私が求めていた塾は。こうしてGritの一員となったのです。 そして完全専任講師体制となったGritは、より一層生徒本位の塾へと進化していきます。

↑ PAGE TOP