耕知塾Gritは専任講師のみの塾です。学生アルバイト講師はいません!中学受験・高校受験はおまかせください!

TEL03-3802-3606
受付:14:00~21:30 日祝休

講師紹介 一に生徒、二に教師、三以下はなし

学習塾の、あるいはもっと広く考えて、学校など 教育機関の良し悪しを決める決定的要素は何で しょうか?それは言うまでもなく、教師の質の高さであり、また、生徒のヤル気のあるなしでしょう。 だいたい、学校などで、校舎や設備を立派にしたから急にその学校のレベルが上がったなどという話は聞いたことがありません。といって、校舎や設備はどうでもいいというのではありませんが、それらはあくまで、その塾なり学校のレベルを決める上で、副次的なものだということです。ですから、これをスローガン風に言えば「一に生徒、二に教師、三四五六はなくて七番目か八番目に諸設備・・・」とい うことになりましょうか。

 
生野先生
私は日暮里教室の教室長を7年。南千住教室の教室長を5年、並行して耕知塾全体の責任者を3年務めてまいりました。その間、熱意だけで何とかなると思っている学生講師、年齢だけは重ねて自己研鑽を怠っている自称ベテラン講師。そういう講師たちをたくさん見てきました。彼らに欠けているのは修羅場の経験からの学習能力だと思います。何度説明しても生徒にわかってもらえない、どうしたらいいのかわからない、でも何とかしなければ・・・。その切実な状況に愚直に、誠実に対応してきたかどうか。その積み重ねこそが経験の蓄積となって優れた講師を育てるのだと思います。 授業前の段取り、予習はもちろん大切なのですが、授業はライブです。生徒とのやり取りのなかで臨機応変に適切な対応ができるかどうかが問われます。
今回Gritに集う講師たちは、十分すぎるほど修羅場を潜り抜けてきております。専任体制といっても凡百の講師の集まりでは意味がありません。講師陣が、お互いの力量を認め合い、取り入れ、切磋琢磨する雰囲気が絶対に必要です。そういう面で、Gritは少し理想の塾に近づいてきたのではないかと感じています。


前田先生
因数分解が楽しいという生徒がいるとすごく嬉しくなります。中学数学の代数分野では最高に面白い単元です。早速、選りすぐりの問題を何十題も持っていくのですが、たいていは「先生、いい加減にしてください」と叱られてしまいます。「楽しい」という言葉を誤解してしまったようです。 図形や関数の分野では、「動点P」の問題が大好きです。たいていの生徒は嫌いなので、工夫して「動点Q」と名前を変えてみるのですが、「そういう話ではないのだ」と呆れられてしまったりします。でも「この問題は本当に面白いよ」と、三平方と等積変形の融合問題を持って熱く主張しても、クールに「そんなことない」と言い返されたりもします。
実は勉強というのは「趣味」にしてしまえば楽しくてしょうがないものです。しかしマイナーな趣味で、愛好者はさほど多くはありません。「楽しくなんかないよ!」の声は聞こえないふりで、いつか出会える「仲間」を探して今日も授業を続けるのでした。


與五澤先生
長年、受験指導を生業としてきましたが、これまで目先の合格のために詰込み勉強を生徒に強制したことも、時間をかけ記憶することだけに偏った勉強法を指導したこともありました。これも一つの受験指導ではありますし、必要なことではあると今でも思っています。しかし、これだけでは人間として大きく成長できる可能性を減らしてしまっているとも感じてます。というのも、自分で考え、計画し、実行する能力こそが人間の成長に大きく関わっているからです。
Gritは自ら考える力を養成する指導を理念に置いています。生徒の今後の人生を意義あるものにするために、勉強を通じて人間として成長できる場所でありたいと考えています。目の前の生徒たちの成長できる部分を探し、伸ばせる部分をとことん伸ばす。私の理想とする教育がここにあると強く感じています。生徒たちの日々成長する姿を見ながら、自分自身にその姿を重ねます。私自身もまだまだ成長できる部分があると。


小川先生
最近とみに「わかりやすいだけの授業」では、本当に生徒の力を伸ばすことは難しいのではないかと思うようになってきました。もちろん、授業のベースとして「わかりやすさ」は絶対に必要です。しかし、私たちのようなベテラン講師は、ともすれば何でも教えることができる自分の力量に酔ってしまい、本来、生徒自身が自力で乗り越えなくてはならない壁まで取り除いてしまう傾向があるように思えます。そもそも塾の第一義的な目的は、「生徒が自分で問題を解けるようになる」ことです。そのためには、生徒の皆さんに適度な無理をしてもらう場面も必要です。
Gritは「安易なわかりやすさ」に逃げません。私たちの授業は、「わかりやすさ」をベースとはいたしますが、何でも教え込むのではなく、ヒントにとどめるべきところ、黙って生徒の頑張りを見守るところも大切にしています。何でもわかりやすく教えてしまえば教師も生徒も楽になれるのに、あえてそうしないことによって、生徒の皆さんが自己肯定感と自信を獲得し、大きく伸びていくことを経験上身にしみて感じているからです。
とは言え、私自身、まだまだ生徒全員に上記のことを実践できているわけではありません。つい全てを教えようとしてしまいます。生徒の成長を長い眼で見て、それをサポートしていけるよう精進を重ねる毎日です。

 

↑ PAGE TOP